S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れる想い・・・

能率手帳とほぼ日weeks

毎年この時期に悩むのが手帳です。

ここ10年位1発できまったことがないのです。

今年も9月から試行錯誤。
12月の今頃になってようやく手持ちの手帳が決定。

クオバディスのイタルノートから始まり、ほぼ日weeks(2013)→能率手帳ゴールド(2014)→ほぼ日weeks2015

来年はこれに落ち着きそうです。

仕事柄過去の仕事の記録は必須なのでGoogle calendarは必須です。

やることさえ決まっちゃえばそれに向かって進むだけ。
実はこれが大変な気もします。

やることが多くても、勝手に多いと思っているだけで書いてみると大したことない。
目の前のタスクに埋もれて本当に必要なことは全く別のこと。

こういうことを気づかせてくれる意味でもペンと筆記具はライフスタイルと切っても切れないものになっています。
毎年同じ手帳をビシッっと経年ごとに並べられるとカッコイイんだけどなかなかその領域にたどり着けません。
スポンサーサイト

ペンシルについて

来週から新年度ということでたまには文具、ペンについてエントリーしてみます。

自分にとってペンは第一に道具と考えています。

僕は飾っておくだけとかとりあえず持っておきたいというのがなかなかできず、道具としていい仕事をしてくれるかどうかというのが、ペンに限らず、靴、鞄、服等々、身の回りにあるもののひとつの基準になっています。

だからデザインがいい「だけ」とか綺麗な「だけ」とか希少性がある「だけ」の道具は存在しません。
やっぱり「使ってみてなんぼ」というのが僕の趣味には合っているようです。

ペンに関してはこれまた王道はなく、仕事の内容や利用する環境等によってそれぞれマッチしたものがあると思います。

ステュディオ ラミー
... Read more ▼
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。