S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライドルお役御免

もう、かれこれ20年前のお話。

まだ、大学を出たての社会人だった僕は給料が出るたび百貨店をうろついていた。
それもどちらかというと必要なものを揃えるために。

そのうちのひとつがこれ

ホワイトハウス・コックス
ホワイトハウスコックスが今みたいにメジャーになる前のことだと思います。

今も作られているでしょう。
カラーはグリーンです。

もうぼろぼろ。

ホワイトハウス・コックス

とどめを刺したのは娘が生まれた当初、なぜか革製品をかじるのが大好きで・・・

それさえなければ、あと10年は長生きしたでしょう。
さすがに来客の際にもみっともないので買い替えです。

ユニオンワークス

こんかいはこちら。
WHCより厚みがあります。

ずっしりした重さも好みです。
そして結構大事なことですが剛性感もばっちり。

ユニオンワークス

あわせてユニオンワークスさんでソールのリペアも。
こちらは3年くらいかな?
結構頻繁に履きました。

オールデン990

雨の心配がなければもっと登場回数は増えるのですが、こればっかりはやむなし。

オールデン990

そして見事な仕上がりです。
こちらは蘇らせました。
10年くらいはリペアしながら履かないとね。
スポンサーサイト

財布考・・・ワイルドスワンズ カードケース

またまた、すっかりサボっておりました。
まあ、気が向いたらという感じでのんびり更新していきます。

このところ財布についていろいろ悩んでいました。
なにしろ大きなサイズが性に合わない。

このところ万双のクロコがお気に入りでメインセレクトなのですが、どうにもこうにも容量が少ない。

常時入れているのはスイカ+クレジットカード+紙幣+コイン
書いていて思うけど本当にミニマムだなぁ(笑)

ところが運転免許は必要だし、仕事上、ライセンスカードも携帯する必要がある、ビデオ屋のカードもいる(笑)
実際には札入兼カードケースとして2つ折りの財布を別で持っていましたがこれがどうにもこうにも気に食いません。

今回、セレクトしたのがこのWild Swans Generalです。
ワイルドスワンズ ジェネラル クロコ

ついでにいうと見ての通りですがクロコです(笑)
... Read more ▼

茶系のバッグ(万双シモーネBOX天ファスナー)

僕はオンの時、バッグを常にいくつか、平行して使用しています。
だいたい常備しているのは2つが多いですが、1つを使い続けるということはありません。

理由は簡単、茶系の靴には茶系のカバン、黒系に靴には黒系のカバン。
ただそれだけです。

たぶん、達人の域になると茶と黒(またはそれ以外)の色を意図的に取り混ぜて・・・ということも可能なんでしょうけど、僕にはそんなセンスは残念ながらありません。

更に言うと時計の革ベルトとズボンの革ベルトも合わせちゃいます。

財布や手帳のいろはごめんなさい、合わせません・・・
といいますか、不思議と全然気になりません。
名刺入れとかペンケースなんかも合わせていませんが気になりません。

最近、気になっていたのですがついに入手したのがこれです。
シモーネBOX天ファスナー
... Read more ▼

オレンジの遷移

普段使う小物、特に革製品において唯一、異色のものがあります。

バッグや靴を除き、革製品、特に小物系はすべて黒に統一しているのですが、どういうわけかペンケースだけはなんとオレンジ(笑)

ル・ボナーさんのブログで紹介されて一目惚れ。
一旦は黒にしておけば・・・という思いもありつつ、赤いステッチが自分らしくないとかゴニョゴニョ(笑)

購入の際、直筆のお手紙までいただき、一切油を塗布しないで暇さえあればハンカチで磨いてください・・・

ほぼ毎日使っている、しかも持ち歩くので結構ハードな環境下に。
綺麗にエイジングさせようと目論見るもそこらじゅうシミだらけ。
ル・ボナー デブ・ペンケース

それでも最近はストッキングで磨くと光沢がいい感じになること気づき。

ル・ボナー デブ・ペンケース

夜に書物をしているときにもセコセコ磨いているのです(笑)

ル・ボナー デブ・ペンケース

濡れるとあっという間にシミになる。
あんまり気にならなくなってきたのでもう、クリーナーもかけない。

ル・ボナー デブ・ペンケース

でもだいぶいい感じになってきた
磨けば輝くとうのは僕の基準では重要なこと。
手をかけてやって答えてくれるのはやっぱりうれしい。

ここまで1年
ここまで使い込めるのは容量といい、デザインといい、僕の生活サイクルにマッチしているのでしょう。

モノに限ったことではないですが、個人的に万物は、時間が淘汰する(してくれる)という考えを経験上強く意識しているのでそういう意味ではこいつは洗練されています。

パレードグロス、万双コードバンキーケースにて試行

パレードグロス


パレードグロスを入手。
いろいろwebで調べて普通に日本で調達できるプレステージでなく、USA仕様のものを購入。
価格はほとんど変わらないんじゃないかな?
成分がちがうみたいです。

なぜかでかいのは黒しかなかった・・・
なんに試そうかいろいろ見回してみたけど、最初はオールデン・・・にトライする勇気はなく(笑)同じコードバン素材の万双コードバンキーケースに挑戦。

購入して1年、大分味が出てきたのだけど、塗るものによってずいぶん顔がかわるのがこのコードバン。
デリクリを塗ったときは艶が消えて焦りました(笑)

たまにラナパーなんかを塗っていい雰囲気だったんだけど、艶が消えてきたようなので今回の試行の餌食に。
万双 コードバン キーケース

おお、いい感じではないか。

こうなると楽しい。
どんどん磨いていきます。

万双 コードバン キーケース

うん、いい感じ。


万双の製品はブライドルレザーの方は基本放置で大丈夫(たまにラナパー)だけどコードバンはたまに手入れしないと結構表情がかわりますね。

| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。