S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12« 2010/01 »02

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RX-8 RS(6MT)

rx-8.jpg
RX-8をお借りして好き勝手に走ってきました。

実はこの車、結構縁がありまして、前期4AT、前期6AT、前期6MTと結構いろいろなのに乗っています。

やはり感じるのはフロントノーズの軽さ。
旋回するとうれしくなる、これぞフロントミッドシップ、FRのお手本といった感じ。
かつてNAのロードスターに乗っていた僕としましてはなつかしくもあり、うれしくもあり。

トランクスペースの狭さもFRで、パッケージングを考えるとよくできている。
その開口を狭くしてあるのもボディ剛性とのトレードオフ。
開口広くすると補強しないといけないから重くなる、それもテールエンドの重量増は運動性能に大きく影響する。
そこらへんをバランスよく作ってある感じ。

後部座席も僕的には全く問題なし。
175の大人でも問題ないんで圧迫感だけの問題でしょう。

曲がる車は本当に楽しい。
それが交差点でわかる。

たぶん理屈ではないんでしょう。

欲しくなっちゃったよ。
スポンサーサイト

万双 ブライドル 二つマチダレス

2年前から使い出したダレスバッグ。

そのスタイルと利便性に惚れ込み、ついに本命の万双 ブライドルダレスを購入。

万双ブライドル 二つマチダレス

通販ではなく直接店舗で購入しました。

色が確認したかったのと、マチがどのくらいあるかはやはりwebからは難しい。
黒と相当迷いましたがダークブラウンに決定。

その作り込みは惚れ惚れします。
da02.jpg

前後不均等に処理されているこのブライドルレザー、これが開閉のバネの役目もします。
購入したばっかりなのでかなり固いですが渋いという動きではありません。

da03.jpg

後ろ姿も抜かりはありません。
角の処理なども惚れ惚れします。

タロウもたっぷり、これこそ本物のブライドルレザーです。

da04.jpg

この、カーブ、しびれます。
もはや変態の粋です。

da05.jpg

この金具・・・なんと無垢です。
従いましてアンティーク調に仕上げても良し、磨きまくってピカピカでもこのゴールドはそのままの輝きです。

da06.jpg

口を開けるとこんな感じ。
もちろん総革です。
内装もエイジングしていきます。

抜かりはこざいません。

da07.jpg

半分だけ磨いてみました。
かなり変化があります。

この光沢こそブライドルレザーの楽しみまなんでしょう。
まさにオーナーの喜び。

磨かないで持つとタロウが服につきます。
本磨きは自宅でまったりと楽しみます。


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。