S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
03« 2010/04 »05

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波山、ちょこっと回してみる

朝日峠 RX-8


慣らしも終えて、とりあえず高回転まで回そうかなということで筑波山まで行ってきました。

GW初日にもかかわらず、こちらはがら空き。
まあ、ここをミニバンで流しても楽しくはないのか。

不動峠~筑波スカイライン~朝日峠と自転車で走るコースを取り混ぜながら適当に高回転まで。
思ったのは。
・トルクがない(笑)
・見た目燃費が悪いのがわかる
・音は最高
・旋回は速い
・ヒール&トゥしやすい(笑)
・FRは楽しい

って感じ。
デフォルトのバランスは十分でないかな。
もっともタイヤ太くしちゃっているけど・・・

あと、HC+は絶大なる信頼で応えてくれる。
これはステキ。
惚れ直します。
おとなりとかダストとかどうでもいい僕にとってはいい選択なのかも。

GWは近場を適当に走る予定。
あけたら筑波だ。

がんばろっと。
スポンサーサイト

万双 ブライドルミニ財布

今回は万双ブライドルのミニ財布です。
万双 ブライドルミニ財布01


実はここに行き着くにはちょっとした理由がある。
10年以上、社会人をやっていると持ち物は当然変化する。
ライフスタイルやファッションの嗜好が変化するの当然として、携帯電話の進化やスイカかパスモの登場によってもかわる。

比較的積極的に電子マネーを使う方なのでここ数年、さくっと取り出せるものとして要求されるのは

パスモ、エディ、セキュリテキーカード、小銭、2~3千円位の札

このあたりが僕は必要とするもの。
まったく使わなくなったのは定期入れか。

実は4年くらい前から気に行って使っていた財布があるのだが、大事にして使っていたにも関わらず、製造元にひどい裏切りというか手抜きというか商売のために行っている愚行(だと僕はおもう、先方も理解している・・・を受け、電話で確認するも、すべて承知でやっているとのこと。
愛していただけに裏切られたショックは大きく、そこの商品はすべて手放した。
製造元に大事にしてオイルにっている人もいるということは考えてくださいとだけ伝えた。

そうこうしていた矢先であったのがこのブライドルミニ財布である。

収納力は申し分なく、カード4枚(3+1)は収納可能。
札も10枚くらいは入る
小銭もいい感じ。

万双 ブライドルミニ財布02

2つ折りがいい感じに維持され型崩れを起こさないホックも大事なポイント。

さらにお店に行って尻ポケで育った塩梅も確認してある。
実にいい感じだった。

実際長財布をポケットに入れるのは抵抗がある僕にはすごく具合がいい。
ブライドルレザーはこすれることで光沢を増す。
ラナパーで磨くことだけたまにやっている。

で、2ヶ月経過したのが下の写真。
どうです?
個人的にすごく気に入っています。
万双ブライドルミニ財布03

休日はセキュリテキーカードが運転免許証にかわって兼用で使っています。

万双 セカンドバッグ シモーネ

セカンドバッグに対するイメージはあまりいいものがない。

僕と同じようにバブル時代に大学生活を過ごした方々はちまたにあふれたクレージュやレノマのセカンドバッグを手にした若者が町中にあふれたシーンを思い浮かべられると思う。

そしてブームであった以上、それが廃れるとダサさの代名詞のように扱われた。
ポロシャツにジャケットを羽織り、セカンドバッグなんてもっていようものなら・・・

ところが齢40を越えるとファッションにも少し変化が出てきた。
意図的にやっているところもあるけどまあ、これが歳をとると言うことなのかも知れない。

セカンドバッグに対するイメージが払拭できたのもそういうことなのか。

今回のセレクトにはバッグありきではない。
常時持ち歩きたいものがあって、それを持ち歩くのに適当なサイズだったのかも知れない。

いずれにせよ、また万双で買ってしまった。
万双セカンド01

初めてのシモーネ。
家に帰って適当に磨くだけでどんどん深い色に変化していく。
エッジの立った箇所なんかは変化がわかりやすい。

このサイズは車で出かけるときにもちょうどいい。

万双セカンド4

少しサボっていたブログだけど、経年変化を記録したくなり、不精者の僕でもまた書き込み足しました。

内容物と言えばこんな感じ。
長財布に小銭入れ、IPODにキーケース。
ここ数年手放せないのが手帳と筆記具。
最近はLAMY2000のメカニカルペンシルがお気に入り。

万双セカンド3

まあ、全部いれてもこんなものだからまだ余裕はある。
ひたすらなにもつけずに磨くのが大切らしい。

しかし、このコバの処理といい、ここの製品は惚れ込めます。
しかも価格もリーズナブルなのではないでしょうか。

万双セカンド01

他にも狙っているものがいくつかあります。

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。