S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07« 2010/08 »09

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラブーツ シャンボード購入

パラブーツ シャンボード
パラブーツ シャンボードを購入。
空前のポンド安を利用して英国より届きました。

パラブーツ シャンボード


この手の靴はすべてグッドイヤーウェルト製法で作られていますがこいつだけはノルヴェイジャンウェルトという製法で作られています。堅牢な作りが特徴。また、ラテックスソールというゴムソールを自社生産で作っていて耐久性と耐水性には定評があるそうなので、そこにも期待しています。
パラブーツ シャンボード


いくつかあるパラブーツの定番モデルの中でもこいつは名作といえるのではないでしょうか?
かちっとしたツースでなければ、かなりカジュアルなスタイルまで守備範囲は広そうです。

パラブーツ シャンボード


かなりマットでオイリーな風合いなのですが、とりあえずデリケートクリームを薄く塗り、黒の乳化クリームで仕上げました。もともと比較的柔らかめの革を使っているので履き心地もソフトな印象です。

そうそう、そういう訳か日本の代理店はジャストサイズのシューキーパーがない場合(純正キーパーは1インチごと)はワンサイズ大きいモノをお勧めしていましたが英国では小さい方を勧められました。今回は英国側に従いましたがかなりタイトフィットでした。

純正のキーパーは初めて買いましたがなかなかステキな作りでした。
スポンサーサイト

むかし僕が死んだ家 東野圭吾

むかし僕が死んだ家
書評と呼べるものを書くスキルがあるわけもなく、でも読んだものの記録程度は残しておきたいということからこれから少しづつ増やしていこうかとも思っている。

第一弾は東野圭吾。
ここのところ東野圭吾がマイブームで週1冊くらいは読んでいる。
だからしばらく東野圭吾が続くかもしれない。

たぶん、ここ2年くらいで10冊くらい読んだとも生んだけど今回の「むかし僕が死んだ家」は個人的にツボ。

張り巡らされた伏線を紐解いていくスリルはなかなか他では味わえない。
読んでいてこの作者は本当に賢い(失礼)と思ってしまうシーンがいくつも出てきました。

パズルを解くというか、発掘を繰り返すというかそういう行為に通じる楽しさと恐怖感が味わえ、あっという間に読んでいける。

多かれ少なかれ誰でも持つであろう幼いころの経験から現在の人格が形成される。
その部分をさわることのデリケートさ腫れ物に触るよう。

防御するすべを知らない世代の子供を持つ親としては考えさせられるものがある。


トリッカーズ 通勤

トリッカーズ スチール
ここのところ雨の予報・・・不発の連続の東京の下町。
自転車通勤の僕にとっては天気予報はかなり重要。
その日の靴よりも気になる存在。

昨日も夜は雨の予報だったんだけど結局不発。
トゥーをスチール化させたトリッカーズを試そうにもなかなかチャンスがなかったんだけど本日はこいつで出勤。

帰りは自転車なのでリュックの仲に眠ってもらうことになります。

購入してからもせいぜい10日に1回くらいしかはかない(あたりまえ?)のでエイジングと言うより脚慣れもままならない。まだ3回くらいしか、しかも一日通してっていうのは1回しか経験していない。

デリケートクリームの力もあってようやくなじんできた感じもある。

さて、気になるトゥのスチールだけど、かちかち音はさほど気にならない。
アスファルトでも地下鉄の構内でも慣れの問題かもしれない。
それより踏切のタイミングで僕は結構つま先に力をかけているようでわずかに滑る。
いまのところ靴の個性という解釈で流せるレベル。

写真のようにあっという間に削れていきます。

トリッカーズ カントリー

トリッカーズ トゥスチール化

こちらでもお伝えしたトリッカーズのカントリーブーツ。

かれこれ3回くらい履いたであろうか。
現在のところ週に1回ペースで履いてだいぶ慣れてきた。

ところがダブルソールの性か反りが強く、つま先がよく削れる。
あるところで止まるとは思うものの、気になると言えば気になるところ。

そこで昔から気になっていたトゥスチールをやってみた。
お願いしたのはリペア工房RESH.日本橋三越本店
トゥスチール



時間にして30分くらいであろうか。
ちょっとクラシックな感じになっていい仕上がり。
トゥスチール



もちろん外見からじゃわかりませんが自己満足の世界。
おきにいり。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。