S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
10« 2010/11 »12

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレードグロス、万双コードバンキーケースにて試行

パレードグロス


パレードグロスを入手。
いろいろwebで調べて普通に日本で調達できるプレステージでなく、USA仕様のものを購入。
価格はほとんど変わらないんじゃないかな?
成分がちがうみたいです。

なぜかでかいのは黒しかなかった・・・
なんに試そうかいろいろ見回してみたけど、最初はオールデン・・・にトライする勇気はなく(笑)同じコードバン素材の万双コードバンキーケースに挑戦。

購入して1年、大分味が出てきたのだけど、塗るものによってずいぶん顔がかわるのがこのコードバン。
デリクリを塗ったときは艶が消えて焦りました(笑)

たまにラナパーなんかを塗っていい雰囲気だったんだけど、艶が消えてきたようなので今回の試行の餌食に。
万双 コードバン キーケース

おお、いい感じではないか。

こうなると楽しい。
どんどん磨いていきます。

万双 コードバン キーケース

うん、いい感じ。


万双の製品はブライドルレザーの方は基本放置で大丈夫(たまにラナパー)だけどコードバンはたまに手入れしないと結構表情がかわりますね。

スポンサーサイト

オールデン990シェイクダウン

オールデン プレーントゥ

オールデンのシェイクダウンです。

そんなたいしたことではないのですが、コードバンに一気にシワが形成されます。
まあ、左右均等に入るものでもないでしょうし、こんな感じです。

なんとなく一気に味が出た感じで満足しています。
バリーラストもおそらく適度に馴染んでくれるようで比較的いいフィット感が得られます。

この色に惚れた感じもあるので大事にしたい。

コルクが沈むのがよくわかります。
肩の力が抜けたような佇まいはオールデン独特のものでしょうか。
今度はスーツに合わせてみたい。
あんまりやすと黒も欲しくなりそうなのでほどほどに。

どういうわけか今回の登板は嫁にはばれていません(笑)

オールデンが届いた。 990#8

オールデン990#8

憧れていたオールデンが届いた。
プレーントゥの990#8。

なんと中には日本語のメッセージとお菓子、ボールペン、更にはユニオンワークスのパンフまで同封されていた。

でもこういう心遣いは嬉しい。

さて、コードバンってはじめてなんだけどどうやって手入れしましょうか。
少し勉強しないとなぁ。

リゾルト 711 

リゾルト 711

ジーンズは不思議なものでやたら履く年とあまり履かない年がある。
今年は当たり年(?)らしくやたらと履きます。

学生のことはがんがん味だしとか進んだものだったけど、社会人になってからというもの、エイジングの進行は極めてゆっくり。11年前位に購入した501XXがかなりいい感じにダメージ感が出てきた。そして2004年に購入したブルーブルーもようやくいい色合いに。久々に今年の春に購入したのは生501(メキシコ産)で子供と泥まみれになる仕様(笑)

このまま放っておくとレパートリーにボロか新品しかなくなってしまうなぁとおもっていろいろ物色しておりました。
ジーンズはダメージ加工してあるものも数本買ったこともあるんだけど、どうもそのわざとらしさが好きになれず、オクラ入りしてしまうケースが多い。気がつくと履くのは生ジーンズから育てたものばかり。

今回選んだのはリゾルトの711。
ドゥニームの元デザイナーであり、創始者でもある 林芳亨さんが立ち上げたオリジナルブランド。
ドゥニーム自体は現在経営が変わっており、商品も変更があったようです。
(実際には現在の素地は過去のドゥニームのもので在庫がはけしだい切り替える模様・・・となると新顔の旧素地というのはかなりレアなものになる可能性も・・・)

さて、そのリゾルト711ですが、こちらもいろいろ噂はあります。
とりあえず、リベットに10とうってあり、2010年仕様を匂わせています。
・・・ということはファーストロットから変更を加えられる可能性も高い。
そしてその最大の変更点はコスト・・・
となるとやはり注目の集まるファーストロットこそ購入すべきものか。


リゾルト 711

10と刻印されているのがおわかりいただけるでしょうか?
イヤーモデルを形成することは林さんのジーンズ構想から外れるはずですのでやらないと思うのですがいろいろ想像してしまいます。

リゾルト 711

これから生をゆでます(笑)

僕は50度のお湯で糊を溶かし、その後、洗濯機で1度洗浄。
ここらへんも答えのない世界なんでしょう。

これもまたエイジングが楽しみなコレクションになりそうです。
トリッカーズに合わせたいなぁ。

クロケット&ジョーンズ チェルシー -ラストが全体のイメージをかえてくれる。

チェルシー


クロケット&ジョーンズのチェルシーのその後です。

数回履いてみました。
サイドゴア独特の足首にまとわりつくカーフのシワの入り方なんかはすごくお気に入りです。
カーフの素材の善し悪しもでるところですがそこはさすがのクロケット&ジョーンズ、文句のつけようがありません。
表側のちょっとウエットな感じの質感なんか本当に惚れ惚れします。
編上げのブーツと比較すると足首の動きはこちらに軍配が上がります。

クロケット&ジョーンズ チェルシー

LAST238はクロケットの中でもかなりシャープなトゥ形状をしています。
パンツの裾から顔を出しているだけなんですがずいぶんとイメージが変わるのがおもしろい。
よくよく考えればラウンドトゥばっかりの中でかなり異色の組み合わせです。
それでいて英国臭たっぷりなのもブランドのなせる技なんでしょうか?

ただだいぶ脚に馴染んできた感じなんですが、僕のコレクションのなかでは捨て寸が大きく、先がどんどん削れてくるのでハーフラバーを施しました。

クロケット&ジョーンズ チェルシー

これ、はじめてなんですけど、グリップ感といい、接地感といい、だいぶかわります。
スチールと迷ったのですがあまりかつかつ音がするのも今回は避けました。
また、車の運転にはやはり安心感が伴います。
ペダルの上でのグリップ感は絶大です。

今回もリペア工房にてお願いしました。

ジャケパンスタイルにと思っていたのですがどういうわけか、最近はスーツに合わせて仕事に使っています。
履きやすさ、脱ぎやすさも嬉しい点です。

ラストというよりトゥが変わるだけで全体のイメージがかわる。
そういう事をチェルシーは教えてくれます。

オールデン詣

トリッカーズ ジーンズで


伊勢丹でオールデンの取り扱いを始めたというので見物に行ってきました。

日曜日の19時近くでもお客さんで賑わっていました。
前回来たときは確かイギリスフェアをやっていたはずだけど今回はアメリカフェア。

・・・ノンポリってことでしょうか?(笑)

まあ、おかげでオールデンとブルックスを並べてみることもできました。
ラストの形状以上にアイレットの有無やその数、結構デザインが違うんですね.

店員さんの説明では日本で少々火がともり過ぎているようだとも・・・
本国ではやはりバリーラストのプレーントゥは本命のようです。

バリーラストは試着させていただきましたがなかなかフィッティングもいい感じ。
#8を試してみたらなんとジーンズと相性のいいこと。

プレーントゥにジーンズってなんか意味もなく抵抗があったんですがこれはさすが。
コバの張り出しなんかトリッカーズに近いものを感じます。
結構オールラウンドに行けそうかな。 

この日はジーンズにトリッカーズでした。
聖林公司PP5 XX ジーンズ ブルー ブルー6年ものと。

珍しくジョギングしてみる

newbalance 993

朝、自転車で一回りしようと思って用意していたらエアー注入の際、バルブがもげた(笑)
交換したばっかるのチューブラーだったのにショック大きいです。

このまま引きこもるのも悔しいのでジョギングに出てみた。
最近子供と公園に行くときにしか使わないニューバランスの992が活躍。
本領発揮か、足取りも軽い。
やはりこういう目的に使用するべきなんでしょう。

荒川土手

下町の荒川の土手は朝日が美しい季節になりました。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。