S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07« 2013/08 »09

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ購入ーGR digitalⅣ

R0010052.jpg


実は結構カメラ好きです。

年とともに撮影する対象は変化しますが・・・

ここ数年、常時持っているのはnikonのデジタル一眼レフと仕事で使うコンパクト。

コレクターではないので数は持っていません。
基本、部屋の片隅でホコリかぶっているのは許せないのでつかなわないものは手放してしまう。



DSC_1403.jpg


コンパクトカメラはいろいろ思う所あり買い換えるも使い出すと気に喰わないことも見えてきて・・・

どれも似たり寄ったりに思えるんだけどいざ使い出すと設計思想が伝わってきます。

写真がすきなひと
カメラがすきなひと
パソコンがすきなひと

それぞれの設計思想が見えてくるのが個性につながっているような気がします。

たぶん、終わらない。


DSC_1404.jpg


今のトレンドだとAPS-CのGRやcoolpixAあたりが狙い目なんでしょうけど、今回惹かれたのはこれ。


GR digitalⅣでした。

深い意味はありません。


DSC_1408.jpg

過去に使っていたGX−200、リコーの描画は好きでした。
特にモノクロの描画。

そしてカラーとのブラケットも可能なのが便利でした。
そして結構味わい深いスクエアフォーマット。

独特の空気感を描いてくれます。

今の水準で考えると、メディア書き込みが遅いのと、コンパクトなのにデカイ。
さらに暗いところに弱く、感度上げるとノイズが・・・


ここらが気に食わなく旅立ってもらいましたがその思いは忘れられず。


DSC_1414.jpg



今回のGR digitalⅣとして復活。
上記の不満点はかなり改善されているようです。

価格もポイント。
今が底でしょう。



スポンサーサイト

読書散歩

DSC_1147.jpg

暑い日々が続きます。

ここのところ読書熱がふつふつと湧いてきて、移動も意図的に電車にしてみたり。
結構ちょっとした時間でも進むので嬉しくなります。

もちろん先日購入したリザードもお供です。

しかしながら形から入る僕(笑)の場合、やはり本の輸送にはバッグは外せません。
購入するだけでなく、図書館もかなりの頻度で利用するので、そう言った際にもなんとなく絵になるものを・・・

今回は昭和レトロな香り漂う、こちらのトートをセレクト。
犬印純綿帆布トートバッグ(小) です。

DSCN0620.jpg

上記写真はカフェでありながらバーですが、こういう脇役のお陰でカフェ巡りも楽しくなります。
結構、気分転換になるのでしばらくは楽しめそうです。

夏の読書

キノボリトカゲ

暑い夏がきました。
昨日から夏休みという方も多いんでしょうか?
僕はまだまだ休みには程遠い日々を過ごしております。


そんな中、最近のストレス開放はもっぱら読書です。
とはいっても週1冊ペースなのでとても読書が趣味なんていえないレベルではありますが、カフェのいい空間を大事にできるような気がして・・・もしくは子供を散歩に連れ出した際のお供みたいな感じです。


時間を大事にできているような気にはなれます。

ペリカンM101Nリザード




そんなとき、なるべく記録をとるように心がけだしました。
なんせ最近物忘れが出てきた気がして、どんな内容だったか思い出せない・・・(笑)

読書感想文みたいなものです。

前置きが長くなりましたが折角だから筆記具にもこだわってみようと購入してみたのが
ペリカンM101Nリザード

名前の通りトカゲをイメージしたクラシックな復刻版です。


ペリカンM101Nリザード

なんか仰々しいケースにはいっています。
梱包もなんかすごい。


ペリカンM101Nリザード


箱が処分しづらくなる形態ですね。



ペリカンM101Nリザード


そして出てきます。

まさにリザード


スーベレーンは普段も常用しているので、その書き味の素晴らしさは理解しているつもりですが、
やはりこのデザイン。

僕にはツボです。



ペリカンM101Nリザード

毎回、導入のたびにどんなインクを入れるのか、試行錯誤します。
今回はその選択肢も減少傾向にある古典ブラックの代表、ペリカンのブルーブラックを補充。

夏の読書を楽しませてむらう名脇役になってくれそうです。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。