S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トータスシェルブラウンの購入

随分前に購入し、かなりの頻度で使っていたペリカンのM101Nリザード

昨年末にはやはり兄弟のトータスシェルレッドが発売になり、これはこれで好評の模様です。

でも僕にとってはリザード購入時も迷ったんだけど、M101Nシリーズの先駆けとなったトータスシェルブラウンもずーっと気になっていました。

発売時はかなり高価で取引されていた101Nの復刻ということもあり話題になったのですが僕にはちょっと派手かなぁと見送っていました。

そしてそうこうしているうちに各店で売り切れ。

その想い、ずーっと焦がれていまもモンモン。

ところが先日、普通に売られていることを発見。
限定じゃなかったっけ?
売り切れだったのは確認していたんだけど・・・

結局、誘惑に勝てず購入。

ペリカンM101N トータスシェルブラウン


このレジンの美しさは特筆モノ。
それぞれ模様も違うみたいです。

ちょっと使うのに躊躇してしまう美しさ。

ペリカンM101N トータスシェルブラウン

今回はペン先はFをセレクト。
試し書きの段階からかなり滑らかなのは確認しております。






しかし、これだけのボディなのでどんなインクをセレクトしようか・・・



ペリカンM101N トータスシェルブラウン



インクに悩むのも万年筆の楽しさなんでしょうね。



それはそれでお買い物を楽しませてもらいます。



ペリカンM101N トータスシェルブラウン



また、少し勉強しようと思います。
スポンサーサイト
| HOME | 長い間苦手であったローファー

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/29 11:31 | | # [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。