S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リゾルト 711 

リゾルト 711

ジーンズは不思議なものでやたら履く年とあまり履かない年がある。
今年は当たり年(?)らしくやたらと履きます。

学生のことはがんがん味だしとか進んだものだったけど、社会人になってからというもの、エイジングの進行は極めてゆっくり。11年前位に購入した501XXがかなりいい感じにダメージ感が出てきた。そして2004年に購入したブルーブルーもようやくいい色合いに。久々に今年の春に購入したのは生501(メキシコ産)で子供と泥まみれになる仕様(笑)

このまま放っておくとレパートリーにボロか新品しかなくなってしまうなぁとおもっていろいろ物色しておりました。
ジーンズはダメージ加工してあるものも数本買ったこともあるんだけど、どうもそのわざとらしさが好きになれず、オクラ入りしてしまうケースが多い。気がつくと履くのは生ジーンズから育てたものばかり。

今回選んだのはリゾルトの711。
ドゥニームの元デザイナーであり、創始者でもある 林芳亨さんが立ち上げたオリジナルブランド。
ドゥニーム自体は現在経営が変わっており、商品も変更があったようです。
(実際には現在の素地は過去のドゥニームのもので在庫がはけしだい切り替える模様・・・となると新顔の旧素地というのはかなりレアなものになる可能性も・・・)

さて、そのリゾルト711ですが、こちらもいろいろ噂はあります。
とりあえず、リベットに10とうってあり、2010年仕様を匂わせています。
・・・ということはファーストロットから変更を加えられる可能性も高い。
そしてその最大の変更点はコスト・・・
となるとやはり注目の集まるファーストロットこそ購入すべきものか。


リゾルト 711

10と刻印されているのがおわかりいただけるでしょうか?
イヤーモデルを形成することは林さんのジーンズ構想から外れるはずですのでやらないと思うのですがいろいろ想像してしまいます。

リゾルト 711

これから生をゆでます(笑)

僕は50度のお湯で糊を溶かし、その後、洗濯機で1度洗浄。
ここらへんも答えのない世界なんでしょう。

これもまたエイジングが楽しみなコレクションになりそうです。
トリッカーズに合わせたいなぁ。
スポンサーサイト
オールデンが届いた。 990#8 | HOME | クロケット&ジョーンズ チェルシー -ラストが全体のイメージをかえてくれる。

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。