S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

まっこう

Author:まっこう
都内某所に勤務するごく普通のサラリーマン。2児の父であり、ローンレンジャーでもある。
写真は下手だけど歴史は結構長く、ニコンFE→F3→eos10→ニコンFE→F4→D100→D50→D200→D300→D800が今のメイン。
お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジの遷移

普段使う小物、特に革製品において唯一、異色のものがあります。

バッグや靴を除き、革製品、特に小物系はすべて黒に統一しているのですが、どういうわけかペンケースだけはなんとオレンジ(笑)

ル・ボナーさんのブログで紹介されて一目惚れ。
一旦は黒にしておけば・・・という思いもありつつ、赤いステッチが自分らしくないとかゴニョゴニョ(笑)

購入の際、直筆のお手紙までいただき、一切油を塗布しないで暇さえあればハンカチで磨いてください・・・

ほぼ毎日使っている、しかも持ち歩くので結構ハードな環境下に。
綺麗にエイジングさせようと目論見るもそこらじゅうシミだらけ。
ル・ボナー デブ・ペンケース

それでも最近はストッキングで磨くと光沢がいい感じになること気づき。

ル・ボナー デブ・ペンケース

夜に書物をしているときにもセコセコ磨いているのです(笑)

ル・ボナー デブ・ペンケース

濡れるとあっという間にシミになる。
あんまり気にならなくなってきたのでもう、クリーナーもかけない。

ル・ボナー デブ・ペンケース

でもだいぶいい感じになってきた
磨けば輝くとうのは僕の基準では重要なこと。
手をかけてやって答えてくれるのはやっぱりうれしい。

ここまで1年
ここまで使い込めるのは容量といい、デザインといい、僕の生活サイクルにマッチしているのでしょう。

モノに限ったことではないですが、個人的に万物は、時間が淘汰する(してくれる)という考えを経験上強く意識しているのでそういう意味ではこいつは洗練されています。
スポンサーサイト
ピーナッツ色 | HOME | 梅雨時、雨の合間にオールデン

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。